お客様のメールより〜ブーツ選びの迷宮〜:KUSHITANI名東店

0

    最近は本当にありがたいことに、遠方のお客様より「いつもブログ読んでます・・・ところでちょっと相談なんですけど・・・」というご相談メールを頂くことが多くなってきました。

     

    これですねー。

    社交辞令でもなんでもなくメッチャクチャ嬉しいんですよ。

     

    僕の仕事はもちろんクシタニのウエアを多くのお客様に買っていただくことなんですけど、もっと突き詰めれば「お客さんのバイクライフに合ったアイテムをフィッティングする」ことだと固く信じているのです!ええ、固く!!

     

    万人に適合するアイテムなんて存在しないですから。

     

    ですから、ブログでも極力そういうことに気を配って書いているつもりなんです。

    それを読んでそういうご相談を頂くというのは、そこにレスポンスを頂いているわけですからこんなに嬉しいことはありません。

     

     

    先日も、遠く山口県からそんなご相談メールを頂きましたので抜粋のうえご紹介しますね。

     

    恐らく同じ疑問を抱えていらっしゃる方も多いでしょうし、そういう方のお役に立てるのなら・・・と、お客様もメールでの紹介を快諾してくださいました!

     

    このお客様、それまでは走ってる時間が中心のツーリングスタイルだったため、パドックジャケット、ダスティモトパンツ、GPWブーツ(いずれもスポーツライディング重視のアイテムです)でツーリングを楽しまれていたとのことなのですが、最近バイクを換えたことから、もっとのんびりとした、旅先でも色々と歩いて楽しめるようなツーリングをしてみたいと思うようになられたそうなんです。

     

    そこでご相談内容です。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    そうなってくると上に書いたようないでたちではいろいろと不都合が出てきました。
    
    ジャケットはもっとカジュアルにも使えるような革ジャンがいいなぁ。
    
    パンツはもちろんエクスプローラージーンズ。
    
    ブーツも歩きやすくて、防水で…と考え始めたところで
    「ツーリングブーツと防水系のシューズやったらどっちがいいんかな?」と疑問が沸き上がりました。
    
    候補としては、ネオブーツ、ガルドシューズ、アドーネシューズなんですが、もしよろしければこの3点の差、特徴、使い分けなどを狭く、深く掘り下げて教えていただけないでしょうか?
    
    

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    いやーもう萌えちゃいますね!

    俄然張り切っちゃいますね!

     

    それでは以下が僕の書いた返信メールです。

    も・の・す・ご・い 長文ですけどwそのまま掲載します。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    この度はお問い合わせありがとうございます。
    また当店のブログを読んでくださってありがとうございます!

    それではご質問にお答えいたします!

    まず、非常に原則的な区分けからいたしますと、
    基本的にこの3モデルですと、「ブーツ」と「スニーカー」という
    2つのカテゴリーに分類されます。

     〇ブーツ:ネオブーツ、ガルドシューズ
     〇スニーカー:アドーネシューズ


    そしてこれもまた原則的なことを申しますとほとんどのお客様は

     〇ある程度距離も時間も要するツーリング→ブーツ
     〇ショートツーリングや街乗り→スニーカー


    こういう使い分けをしている方が大多数です。

    つまりツーリング用としてはあくまでブーツがメインで、スニーカーはそのサブという位置づけですね。

    ただし言うまでもなく、これはあくまでも「一般論」です。

    つい先日も、この夏に10日間ほど北海道へ行かれる方にアドーネシューズを買お買上げ頂きました。
    その方のスタイルには「防水スニーカー」という選択が合理的だったのです。

    さて、まずはそこを前提としつつ各モデルのメリット・デメリットをそれぞれ解説していきます。

    まず、ブーツの二種の選択の場合「防水性にどこまで拘るのか?」がポイントになります。

    ご存知かとは思われますが、ネオブーツの最大の特徴であり、
    またブーツとしての存在意義は「完全防水」というところにあります。

    一見「完全防水」というのはどんなライダーにもメリットがありそうなものですが、
    実は大きな弱点が二点程あります。

    〇(防水仕様でない他の一般的なブーツと比較すると)相対的に蒸れる。
     
     これは防水フィルム装備のブーツについてまわる宿命です。
     どんなに透湿性能の高いフィルムであっても「フィルムが入っている」のと
     「入っていない」のとでは当然「入っている方」が蒸れやすくなります。

    〇修理対応にかなり制約が出る

     これも前述したフィルム装備との関係なのですが、例えばチェンジパットや
     ファスナーなどが破損した場合、縫い直して修理いたしますとフィルムに
     針穴が開いてしまい、そこからの漏水は避けられません。
     完全防水ブーツの最大のアイディンディティである「防水性」を
     修理によって損なうわけにはいきませんため、防水ブーツは概ね
     メーカーとしての修理対応が「ソール交換」のみに限定されてしまいます。
     (対して完全防水でないブーツは、ほぼどんなことでも修理が可能)

    つまり、ネオブーツのような完全防水ブーツというのは
    防水性というものにそれほど拘泥されない場合、その防水のための仕様が
    逆にネガティブにしか発露しない
    ことになってしまいます。


    対してガルドシューズは「簡易防水」です。

    ガルドシューズの場合、クシタニが開発した強力な防水レザー(KWP)を
    使用しておりますため、1〜2日シトシト降る雨の中での走行であれば、
    まず靴下が濡れない程度の防水性はあります。

    これはガルドシューズに限らず、KWP採用のブーツ全体が
    有している性能でもあります。

    ただし、縫い目のシーリング加工も施していないためおのずと防水性には限界があります。

    私自身の経験やお客様のインプレを総合いたしますと、その防水性能は概ね二日間程度です。

    三日以上降雨の中を走り続けると浸水の可能性が高くなります。

    それ以上の防水性能を求めるのであれば、やはり完全防水のモデルが推奨となります。

    ただし、単純にライディングブーツとしてのフィット感や操作性は
    やはりガルドシューズの方に軍配があがりますし、ガルドのような「非完全防水」モデルは
    ほぼありとあらゆる修理に対応いたしますため、
    ほとんどのお客様が10年・15年と修理しながら大事に使われていらっしゃいます。

    特に革のブーツの場合お客様の足の形に馴染みますため、その形を維持したまま
    (修理しながら)使えるというのは大きなメリットですよね。

    つまり(繰り返しになりますが)、ブーツ選択のポイントは「どこまで防水性能を重視したいのか?」に掛かってくると言えます。



    次に「ブーツかスニーカーか?」という問題になりますと、
    「オートバイに乗った時のフィット感やホールド感と、気軽さのどちらを優先するのか?」ということにかかってきます。

    当然のことながら、フィット感やホールド感、またはライディング時の安心感は
    圧倒的にブーツに分があります。

    それにブーツはほとんど天然皮革なのに対し、スニーカーは人工皮革なため、
    使用していくうちにオーナーさんの足型に馴染んでいく感覚もブーツの方に優位性があります。

    また、スニーカーはほぼ修理が不可能な場合が多いため、
    「モノとしての耐久性」にも相当の差があります。

    それではスニーカータイプのブーツに対するアドヴァンテージがどこにあるかと言いますと、
    やはり圧倒的な「気楽さ」です。
    脱ぎ履きも楽ですし、軽いのでツーリング先で歩き回るのも楽です。

    その上アドーネシューズの場合、理屈上はネオブーツと同等の防水性を有しています。

    つまりどの選択でも一長一短あり、お客さんがブーツに対して求める優先項目と、そのブーツが開発にあたって優先項目にしていることが一致することが一番間違いがない選択と言えますね。

    それではまとめましょう。

    〇ロングツーリング大好き!
     なのでまずは何よりも完全防水が絶対条件。

     それなりに安心感も欲しいのでブーツタイプが望ましい。
     蒸れるとか、修理対応に難があるということは、

     完全な防水性の前では些細な問題でしかない。
      

       →ネオブーツ


    〇防水性はそれほどこだわらない。

     1〜2泊のツーリングでのふいの降雨くらい耐えられれば充分。
     それよりもオートバイを操作する上でのフィット感やホールド感を重視したい。
     それにせっかくクシタニのブーツを買うのなら、

     修理が可能なモデルを直しながら長く使いたい。

       →ガルドシューズ



    〇とにかく気軽に脱ぎ履き出来るものが望ましい。

     ツーリング先ではよく歩くので軽さも重要。
     そのうえで防水性があればなお良し!

      →アドーネシューズ



    こんな使い分けになるかと思われます。

    以上参考になりましたでしょうか?

    何か他にご質問ございましたら、どんなことでも気軽にお問い合わせください!

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    以前の記事でもこんなこと書きましたが、ウチの店にこの手の質問をされるとこんな長文が返ってきますよ!(笑)

     

    このメールを送った翌日に、このお客様より非常に丁寧な御礼のメールを頂きました。

    ご自分の使用状況とブーツの特徴とを比較しながらますます悩みが尽きなくなったようなのですが、メールはこんな文面で締めくくられていました。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    自分の好きな時間を過ごすための道具を選ぶこの時間が
    また楽しくてたまりませんね。

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

    そうそう!

    そーなんですよ!!

     

    自分の趣味のためのアイテムを選ぶのは、時として苦しみも伴います。

    でもその苦しみや苦悩というものは、間違いなくとてつもなく楽しくもあるのです!!

     

    そんな楽しみ(苦しみ?)のお役に立てるのであれば僕としては本当にこんなに嬉しいことはありません。

     

    皆さまも用品選びに悩んだ時は本当〜〜〜に遠慮なくお気軽にお問合せくださいね!

     

     

     



    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    最近の投稿

    カテゴリー

    アーカイブス


    search this site.

    mobile

    qrcode