Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


New Entries
Archives
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Admin
Seach this site
2015.04.11 Saturday
カメラとレンズと桜を巡る長くとりとめのない話 その2:KUSHITANI名東店
誰か読んでくれてるのかどうかはなはだ疑問ではありますがwww、とりあえず続きです。

さて。
新しいカメラを手に入れた最初の休日。
もちろん撮影の旅に出ました。

生憎の小雨交じりの曇天ですが、それはそれで曇天ならでは写真が撮れるかも?と前向きに出かけました。

まずは近場の川原へ。


ふーむ。
桜に水滴がついてていい雰囲気ですが、もっと寄れるGXR持ってくればよかったなぁ・・・
新しいカメラ買うと、必ずこれまでの愛用機がものすごくよく出来たカメラに思えてくる不思議。

気を撮り直して出かけたのはここ。

DSC02380.jpg

知多の野間灯台です。
相変わらずここにかけてある鍵のメッセージは切羽詰まったものがりますwww

この日は主にFD70−210mmf4とFD24mmf2.8、それと例のSWH16mmf4.5を使いました。

70−210mmのテレ端です。

DSC02361.jpg

ああそうか。世間は春休みなんだな。

こちらは24mm。
超広角ですが、このレンズf2.8とそこそこ明るいレンズですので開放ですとそれなりにボケます。

DSC02356.jpg

しかしリア充どもめ。
こいつらちょっと気を抜くと砂浜にすぐこういう絵を描きやがるww

以前クリスマスに来た時もこんなもの描いてるカポーがいたしなぁ。

R1027016.jpg

さて。
それではこの広々とした景色でSWHを使ってみましょう。
さぞかしドドーーンと広々とした絵が・・・・

DSC02416.jpg

げ!?
なんじゃコリャ??

周辺減光はともかくとして強烈なマゼンダかぶりです。
レンジファインダー用の広角レンズをフルサイズで使うと周辺がマゼンダにかぶるのはよく報告されてる事例ですが、ここまで強烈とわっ!

特にこんな背景が曇天の空だとそれが際立ってしまうんでしょう。
ちなみに絞ってもほとんど改善されません。

これ、画角の問題ではなく、レンジファインダー用レンズの特性なんでしょうか?

試しに似たようなシチュエーションでFD24mm使ってもそんな症状は出ません。

DSC02403.jpg

僕が何をしているのか?については追及しないでくださいwww

単純に16mmと24mmの画角の差じゃないと思うんですよねー。

その証拠にフォクトレンダーのカラースコパー25mmf4Pを使ってみてもこの通り。

DSC02419.jpg

見事なもんですwww

同じカラスコでも35mm(カラスコ35mmf2.5P)まで画角が標準に近づくと、それほど顕著な症状は出ません。

DSC02429.jpg

これくらいなら「味」のうちと言えますね。

ついでに35mmもう一枚。
本日の旅ぬこさん。
全く心を許してくれていませんww

DSC02427.jpg

では陽が暮れてきましたので場所を変えましょう。

久しぶりにやってきたセントレア。

DSC02444.jpg

ほら!こんなシチュエーションならSWHの短所は全く感じられず、超広角の面目躍如です。

ちょっと冷たい感じの人工物を入れると、途端にイキイキと活躍してくれます!

DSC02491.jpg

そうそう!このレンズはこういう被写体に限ります!
やっぱりレンズも適材適所ですね。

それにしても夜の空港ってカッチョよくってフォトジェニック!!
(以下FD70−210mm)

DSC02463.jpg

DSC02474.jpg

しかし夜の空港を撮りに来たのになんでオレはいつもこんな写真を・・(以下略w

DSC02497.jpg

うんうん。
ようやくこのカメラの操作感も馴染んできたぞ!

てなわけで、レンズを一本新調しました。

新調といってももちろん中古です。

R1063139.jpg

ライディングスクール用なんかに、前から「欲しいなぁ」と思っていた1本。

R1063138.jpg

FD200mmf2.8(NEWFDの後期型)です。

どれもこれも数千円で買えるFDレンズですが、これは銘玉と言われるだけあって中古でも万単位でした(と言っても一万円台なんだけどw)。

それにしてもデカい!
フィルター径72mmの大迫力です!

R1063140.jpg


桜も散りかけてますけど、翌朝早速瀬戸川の桜並木に持ち出してみました。

DSC02710.jpg

うーむ。
やっぱり200mmとなるとそれなりに圧縮感が出ますね。

そしてこんな風に切り取れるのも魅力です。

DSC02734.jpg

しかし開放だとやはり深度は浅く、この通り。

DSC02703.jpg

橋の欄干に置きピンしてたら郵便屋さんはボケボケです。

しかしピントさえ合っていれば、開放でも合焦面は結構シャープ!
とても35年前のレンズとは思えません。

DSC02701.jpg

レースの感触まで伝わってきそうじゃありませんか?
(って・・なんだかフォトヨドバシのレビューみたいになってきたなw)

この日はなんだか天気もスッキリしないしそろそろ帰ろうかな?
・・と思っていたらこんな場面に出合いました。



散歩のために土手から飼い主さんとワンコが川原に降りてきたところだったのですが、飼い主さんはちょっと遅れてまだ木の陰。
ワンコだけが川原でちょっとこっちを振り向いてくれた瞬間でした。

これ、こちら側からも人がワンコの方向に歩いてましたし、1秒早くても遅くても撮れませんでした。

こんな瞬間に出会えるのが写真趣味の醍醐味ですよねぇ。

で、翌日「二匹目のどじょう」を狙ってみました。
犬の散歩というのは毎日ほぼ同じ時間にされることが多いのが助かります(笑)


まぁでも狙って撮った絵というのはそれほど面白くありませんね・・・

いずれにしてもこのレンズ、15日のライディングスクールに活躍してくれる(はず)です!

参加者の皆さんはお楽しみに〜。

それでは長文お付き合いありがとうございました〜!
| kushitanimeit | - | 23:40 | - | - | pookmark |