Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


New Entries
Archives
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Admin
Seach this site
2017.12.18 Monday
WGダウンジャケット装着で春秋ジャケットは冬物に匹敵する性能になるのか?:KUSHITANI名東店

以前この記事を掲載した時に、「春・秋用ジャケットにダウンインナーを装着すれば、ウインタージャケットと同じ保温性が得られるのか?」ということを検証する記事を掲載します!・・と予告しておりましたが、今回ようやくそのことについて書きたいと思います。

 

まず大前提としてですが、冬物を冬物としての性能を保証しているのは「中綿の有無」です。

 

*これは今年のウインターテックジャケットの中綿です。

(一般的なウインタージャケットに標準装備されている中綿は化繊になります)。

DSC07889.jpg

 

最近はインナー着脱式の冬物が大半になっておりますが、この中綿を抜いてしまえば大雑把には春・秋物と同じ条件になるわけです。(「全く同じではない」ということの詳細に関しては冒頭でリンクした記事を参照してください)

 

では逆に、春・秋物ジャケットに中綿を装着すればウインタージャケットと同等の性能が得られるのでしょうか?

 

しかし、この冬物に装備されている中綿というのは別売りされていません。

 

そこで同じ役割を担うのがこのインナーです。

 

DSC07885.jpg

 

クシタニの冬の定番品「WGダウンジャケット」です。

 

企画開発部に問い合わせましたところ、冬物に標準装備されている中綿(化繊)と、この単体販売されているWGダウンジャケットの保温性はほぼイコールだそうです。

 

ということは、春秋物をお持ちの方が、このWGダウンジャケットを買って重ね着(最近のモデルは袖や襟でジョイントできます)してしまえば冬物はいらないんじゃないか??という考えがよぎりますよね??

 

理屈で言えばその通りなんですけど、「防寒」というのはそう単純ではないんですね。

 

中綿の保温性というのは、アウターシェルの防風性によってその性能が保障されます。

 

具体的に言いますとこういう部分ですね。

 

これは春・秋物のモードスポルトジャケットの前身ファスナーです。

 

DSC07892.jpg

 

ファスナーを隠すように「タマブチ」と呼ばれるパーツは装備されていますが、これはどちらかというと「タンクへの傷付き防止」のためで、防風のためではありません。

 

対して同じモデルの冬Verです。

 

DSC07896.jpg

 

分かりますか??

ファスナーからの冷気の侵入を防ぐためのフラップが装備されています。

 

DSC07895.jpg

 

このように左右から被せる二重構造です。

 

これが装備されていないと、ファスナーからジワジワと冷気が侵入してしまいます。

 

あとはここですね。

 

DSC07893.jpg

 

エアインテークです。

ここのいくらファスナーを閉めていても、フラップがついていないと同じように冷気が侵入してしまいます。

 

ちなみにゴアテックスなどの防水仕様のジャケットは、こういうインテーク類にもフラップを装備しています。

 

DSC07897.jpg

 

ですので、一般的な春・秋ジャケットに弊社のWGダウンジャケットを組み合わせても「そのまま冬物」の性能にはなりません。

 

これは数値化しにくい問題なのですが、概ね「冬物の7〜8掛け」ってところでしょうか?

 

ただし上にも書きましたように、完全防水ジャケットの場合、前身もエアインテークもファスナー部分にはフラップが装備されています。

 

つまりゴアテックスのような完全防水の春・秋物を既にお持ちのお客さんに限れば、このWGダウンジャケットを買い足せばほぼ冬物に準じる性能は確保できます。

 

ただですねぇ。

 

ウチのWGダウンジャケットってそれなりのお値段がするわけです・・・大体毎年3万円前後です・・・・

 

それならばもういっそのことウインタージャケット買い足しちゃった方が合理的な気がしますよ。

前の記事にも書きましたが、薄着前提の春秋物と、中綿ありきの冬物ではサイズ感がワンサイズ近く違います。

 

つまり春秋物の場合おのずとインナーに着られる嵩というのが限定されちゃいますので、ダウンを装着したらもうミドルレイヤーは何も着れない・・・という可能性も高くなります。

 

ですから、この組み合わせもあくまでも「緊急避難的」な状態ですね。

 

春先や秋口などに、思いのほか気温が下がった時などにこの組み合わせが出来れば大変重宝しますが、冬の常用レイヤードとしては不向きな気がします。

 

さて。

次によくいただくご質問が、春・秋物のゴアテックス(もしくは完全防水)ジャケットに、別売りのWGダウンジャケットを装着すれば、冬物のフラッグシップモデルである「ゴアテックスオールウエザージャケット(もしくはゴアテックスショートジャケット)」の性能に匹敵させられるのか?というものです。

 

結論から言いますと「なりません」。

 

この理由は非常に明白です。

 

冬物のゴアテックスジャケットに標準装備されているこのインナーダウンジャケット。

 

DSC07886.jpg

 

このジャケットに封入されているダウンの量が、別売りのWGダウンジャケットの1,5〜2倍近くあるのです。

 

では並べてみましょうか?

 

DSC07888.jpg

 

はい。

言うまでもなく左がゴアジャケットに標準装備されているものです。

厚みが全然違うでしょ?

 

実は別売りのWGダウンジャケットは、その名の通り羽毛の中では最高峰の「ホワイトグース」を使用しています。

対してゴアジャケットに標準装備されているのはごくごく一般的な「グレーダック」です。

 

同じ質量であればその保温性はホワイトグースに分があります。

 

しかしダウンに関しては(その差が僅差でなければ)「量が質を凌駕する」わけです。

 

で、そうなるとお客さんの当然のご要望としましては、このゴアジャケットに標準装備されているインナーダウンを市販化してくれないか?ということをよく耳にいたします。

 

しかしここまでダウンの量が多いと、ダウンの大きなメリットである「収納性」がかなり犠牲になります。

つまり収納袋に入れてもあんましコンパクトにならないんですよね。

 

つまり「寒くなったら着る」「暑くなったら外してバッグに仕舞う」ということがし難くなるんですね。

 

何でも使い方は適材適所ってわけです。

 

あ・・それともう一つよく頂くご質問。

「化繊の量を増やして、ゴアジャケットのダウンの保温性に近づければ、ゴアジャケットと同等でありながらより安価なジャケットが作れるんじゃないか?」というもの。

 

言うまでもなく、一般的なウインタージャケットの中綿に化繊を使用するのは1にも2にもコスト面で有利だからです。

 

しかしこれも答えはノーです。

 

もちろん開発部ではテスト済みだそうです。

開発責任者曰く、「ゴアのインナーダウンと同程度の保温性を持たせるために化繊の量を増やすと、モコモコし過ぎてとても動けたもんじゃない」と・・・

 

ダウンのアドバンテージはここにもあるんですね。

ダウンの軽さ・収納性(潰れる性能)・回復力は、「量を増やしても着心地に影響しにくい」ってことにも繋がっているのです。

 

というわけで、それぞれのアイテムに使用している素材というのは、ちゃんとした「理由」というものがあるわけですね。

 

よって結論です。

 

〇冬に快適に過ごしたい場合は迷わずウインタージャケットを買うべし!

〇完全防水の春・秋ジャケットを既に所有していて、冬場は近場しか走らないという条件下でならWGダウンを買い足して冬物に代えるのは「それなりに有効な選択肢」。

 

 

ってところでしょうか。

 

もちろんお客さんのお持ちのアイテムや、仕様用途によっては一概に言えない部分もありますので、詳しいことはぜひ店頭でご相談くださいね!

 

| kushitanimeit | - | 16:18 | - | - | pookmark |
2017.12.16 Saturday
シートバッグカスタマイズのご紹介:KUSHITANI名東店

先日、キャンプツーリング好きのお客さんより、シートバッグの改造のご依頼をいただきました。

 

ご要望としては非常にシンプルです。

 

伊藤様3517-1.jpg

 

このバッグに、テントのポール取付用のベルトを装着して欲しい・・・というご要望です。

 

伊藤様3517-2.jpg

 

ふむふむ・・・このくらいなら店頭でも出来るかな???・・・と思ったのですが、さすがにこのバッグに平ミシンでパーツを縫い付けるのは無理があります。

 

そこでベルトだけ当店で制作して、本社工場へは取付だけ依頼しました。

 

IMG_20171216_0001.jpg

 

ついでに蓋のバックル部分のホツレも修理してもらいます。

 

作業としてはシンプルなのですが、こういう部分というのはお客さんのコダワリがなにかとございますので(分かりますよぉ!)、イメージ通りの仕上がりになるよう別紙にて詳細に指示します。

 

スクリーンショット 2017-12-16 18.54.02.jpg

 

はい!仕上がりです!!

 

DSC07843.jpg

 

DSC07845.jpg

 

これですとワンタッチでポールを着脱できます。

 

DSC07850.jpg

 

大体アウトドア用のヘビーな作りのテントというのは、強度を持たせるためにポールのジョイント間が長くなっています。

そうすると市販のバッグには収まりきらずに、こうやって外に括り付けざるを得ないんですよね〜。

(僕も自分のバッグは似たような改造を施しています)

 

乗車姿勢でも問題ないようです。

 

DSC07848.jpg

 

クシタニでは久しくこういう横長のツーリングバッグというのは出しておりませんので、このバッグも今となっては貴重品です。

 

それが「よりお客さんの使い勝手に合わせてカスタム」されていけばさらに愛着も増しますよね!

 

今回のカスタム料は、ホツレ修理も含めて¥1500(税別)でした。

今回はベルトはこちらで制作して送っていますので、純粋に取付工賃のみです。

 

ベルト制作も含みますと見積りが必要になってきますのでご希望の方はお申し付けくださいね!

| kushitanimeit | - | 19:48 | - | - | pookmark |
2017.12.13 Wednesday
店内簡易スタジオ化計画 その2:KUSHITANI名東店

最近ブログに掲載しているウエア着用画像。

 

DSC07353.jpg

 

ちょっと背景がスタジオっぽいでしょ??

 

店内は当然商品や什器があちこちにありますので、なかなか白一色の背景が作れません。

 

そこで店内の「読書くつろぎスペース」を簡易スタジオ化することにしました。

 

ORG_DSC07797.jpg

 

背景紙は巻き取れますので、撮影時以外はもちろん通常のくつろぎスペースとしてご利用いただけます。

 

しかし、お客さんにモデルになってもらった時は僕が撮るからいいんですけど、僕が着用して自撮りする時はけっこう苦労してました・・・

 

セルフタイマーを使って撮影するんですけど、α7のモニターは180度まではバリアングルしませんのでモニターを見ながら撮影ができません。

 

そうすると立ち位置がズレるんですよ・・・

 

 

もうこんな感じで、10枚撮ってようやく1枚まともなものがあるかどうか・・って確率でして・・・

 

で、練習がてらいろいろ自撮りするのですが、これは新しいジーパンを買ったときに撮ったものです。

 

LRG_DSC07369.jpg

 

アングルは悪くないんですけど、よく見るとピントは革パッチに合ってます。

うーん・・・ここはポケットのタブに合わせたほうがカッコ良かったよなぁ・・・

 

もうちょっと絞ればよかったんですけど、ピントの深度もリアルではモニターできません・・・

 

そんなこんなで悩んでおりましたら、お客さんが「α7だったらスマホからシャッターを押したり設定を変えられるアプリがあるよ」と教えてくださいました。

 

ええ??そーなの??

このカメラ買って二年半以上経つけど初めて知ったよ!!

 

そこで早速ダウンロード。

 

2017_12_11_18.24.45.jpg

 

おお!!!!

これ便利じゃん!!!(←超今更www)

 

これだったらモニターで確認しながら手元で設定も色々変えられます。

 

で、またジーパン画像(今度は長年愛用してるザイロンジーンズ)。

 

PICT_20171204_134926.jpg

 

今度はアングルもピントもバッチリ!!

 

面白いので、「著者近影風」画像を自撮りww

 

PICT_20171204_182812.jpg

 

ソフトボックスについていたグリッドを初めて使ってみました。

 

インタビュー風wwww

 

PICT_20171204_182619.jpg

 

「私にとってオートバイとはですね・・・」

 

 

今のところクリップオンストロボをソフトボックスにつけて、一灯で撮っています。

 

全く一からの勉強ですので色々本を読みながら試してるのですが、どんな本にも「まずは一灯から学べ」と書いてあります。

 

いきなり多灯でやると初心者は絶対「何が問題なのか?」が分からなくなりますから・・・・

 

しかしお客さんにモデルになってもらったりしますと・・・

 

1512996586581.jpg

 

うーん・・・やっぱり髪の毛のトップにもハイライトが欲しいよなぁ・・・

 

もう一灯天井にバウンズさせたいよなぁ・・・・

 

と、こうして人はストロボを幾つも買ってしまうのでしょう。

まぁレンズに比べれば安く済むのではありますが・・・・

 

そんなわけで、もしもご来店時に自撮りに勤しんでおりましたら温かい目で見てやってください。

 

 

 

 

| kushitanimeit | - | 09:40 | - | - | pookmark |
2017.12.12 Tuesday
発掘されたアイテム:KUSHITANI名東店

先日お伝えいたしましたよう冬物の在庫もいよいよ残り少なくなり、ハンガーラックもスカスカ・・・

 

例年のことではありますが、このままだとなんだか「潰れかけの店」みたいな雰囲気にすらなってきましたのでwww、冬物の入荷とともにストックルームに仕舞っていた春・秋ジャケットの2017年モデルも陳列することにしました。

 

ORG_DSC07755.jpg

 

時々お問い合わせもいただきますし、こちらはちょっとお買い得の価格でご提供しておりますのでご来店の際にはチェックしてみてくださいね!

 

で、この春・秋ジャケットをストックルームから店頭に出している時に、冬物インナーの旧モデルを発掘しました。

 

いや・・・正確に言うのなら「発掘した」というよりも完全に存在を忘れていました・・・・

 

DSC07756.jpg

 

K-2625 パーカーミッドジャケットです。

 

DSC07761.jpg

 

位置づけとしましてはミドルレイヤーになります。

 

DSC07770.jpg

 

使い方としましてはWGダウンジャケットとほぼ同じですが、こちらは中綿は化繊ですので、ダウンほどの携帯性、収納性はありません。

 

したがいまして、ダウンのように「状況によって着用したり脱いでバッグに仕舞ったり」といった使い方はちょっと苦手ですね。

 

一番ハマるのは、春・秋ジャケットとレイヤードして「準冬物」の状態を作り出すことでしょうか??

 

 

ちょっと丈がはみ出してますけど、今お店の中に僕のサイズの春・秋ジャケットがこれしかなかったんですよぉ・・・

 

もちろん袖口と襟元にはセットアップ用のストラップベルトが付いています。

 

DSC07762.jpg

 

DSC07763.jpg

 

「冬はそんなにガンガン走らないのでヘヴィーなウインタージャケットは必要ないけど、この季節ちょっと走りたくなった時に手持ちの春・秋ジャケットに組み合わせて使えるようなもの」をお探しの方にはピッタリハマるんじゃないでしょうか?

 

恐らくしっかりした春・秋ジャケットと組み合わせれば、「高性能な冬物の9掛け」くらいの性能は発揮してくれると思います。

 

このミドルジャケットそのものが相当保温性高いですからね!

 

実際、2013年の「蟹ツーリング」の時には京都店の三原店長も下関の塚本店長もそんな組み合わせで走っていました。

 

そしてこのジャケットのいいところは、宿に荷物を置いてプラプラ散策する時なんかには軽くて着易いのでうってつけなんですよね〜。

 

R1025600.jpg

 

こんな時に、プロテクターのついた重いアウターは脱いでいきたいけど、何も着ないんじゃ寒いじゃないですか。

そんなシチュエーションではとても重宝しますよ。

 

サイズ感はちょっとタイト目です。

 

Mサイズだと女の子でもイケちゃうかもです。

 

DSC07726.jpg

 

これは身長150cmの中学生チャンにMサイズを着用してもらった状態です。

「フレンチトースト会」の時に撮らせてもらいました。

 

DSC07737.jpg

 

そしてこれは身長166cmの僕がLサイズを着用。

 

DSC07789.jpg

 

可愛い中学生チャンの後ですので顔はカットww

 

DSC07781.jpg

 

今お店にあるのはオレンジのMとLが1本づつです。

 

お値段はけっこう思い切ってお安くしております。

近いうちにWEBショッピングにも掲載しますのでお楽しみに!!

| kushitanimeit | - | 09:19 | - | - | pookmark |
2017.12.11 Monday
フレンチトースト会第一回開催!:KUSHITANI名東店

あれは秋のことだったかと思います。

 

とあるキャンプツーの時に、料理男子のM田クンがフレンチトーストを作ったのですが、どうも本人的にはその出来に満足がいかなかったらしいのです。

 

それではまたリベンジの機会を作ろうじゃないの!

でももう・・・キャンプするのは寒いよなぁ・・・そんじゃお隣カフェのリバーメットさんを会場としてお借りしようか??

 

と、こんな感じで企画されました謎の「フレンチトースト会」

 

DSC01526.jpg

 

最初は数人でM田クンのリベンジマッチのフレンチトーストを食べる程度の企画だったのですが、あれよあれよと人数が増え、なおかつ何だか「作りたい人はM田クン以外も自由に作って!」という流れになりまして、それなりの規模のイベントと相成りました!

 

主役張り切って作ります!

 

S__27910150.jpg

 

しかし前回のキャンプの時も今回も食べそびれましたww

 

親子で参加のYさん。

 

S__27910151.jpg

 

今回はお嬢さんが挑戦します。

 

S__27910153.jpg

 

S__27910154.jpg

 

普段から料理はするらしく慣れた手つきです。

 

えーっと・・・これは誰のだ??よく分からんww

 

S__27910149.jpg

 

せっかくなので皆さんの作品を仮設スタジオで撮影させてもらいました。

 

S__27910156.jpg

 

最近はブツ撮りもちょっと勉強中なのですが、あまりに奥が深い世界です・・・

 

S__27910155.jpg

 

女子中学生チャンの作品です。

 

DSC07711.jpg

 

美味しそうです!

 

で・・・もちろん僕も作ります!

 

25114983_2099636520322642_2122415418_n.jpg

 

なんか楽しそうですwww

 

25181580_2099636540322640_472072440_n.jpg

 

ほら!?美味しそうでしょ?

僕・・なにげに料理得意なんですよwww

 

25270769_2099636576989303_30946590_o.jpg

 

仕上がりはこんな感じ。

 

DSC07712.jpg

 

自家製リンゴジャム添えの女子力高めVerです!

 

ただし僕はフレンチトーストというものをほぼこれまでの人生で食べたことがなく、練習一回で本番に臨みましたので、これが「フレンチトーストとしてクオリティ高いのか低いのか?」イマイチ判然としませんw

 

ただし自分で作ってみてハッキリしたことは、「こんなカロリーの高そうなもの常食には出来ない」ってことですwwww

 

「フレンチトースト・・・そうですね・・僕にとっては人生そのものです」とかロクロ回して語ります。

 

 

などと小ネタも挟みつつ、皆さんで美味しく頂いて終了!!

 

ひょんなことから始まった企画でしたけど、大勢集まってワイワイ料理作るのって楽しかったです!

 

DSC01523.jpg

 

企画を取り仕切ってくれたMさん、会場を貸してくださったリバーメットさん、ありがとうございました!

 

お集まりいただいた皆さん!またなんかやりましょうね〜!

 

| kushitanimeit | - | 12:01 | - | - | pookmark |
2017.12.09 Saturday
ゴアテックスジャケット完売と、現時点の冬ジャケット在庫状況のお知らせ:KUSHITANI名東店

ここ数日、さらに冷え込みが厳しくなって今期ウインタージャケットの在庫残がダメ押しのように売れていっております。

ありがとうございます!!

 

そこでお知らせです。

 

今期ウインターモデルのうち、ゴアテックスジャケットに関しましてはロングもショートも全色・全サイズ完売いたしました。

 

今年に関しましては駆け込み需要があったとは言え、皆様早期のお買い上げ誠にありがとうございました!!

 

では現時点の名東店の今期ウインタージャケットの在庫状況も併せてお知らせしますね。

 

DSC07630.jpg

 

ご覧のとおり、もうかなり少なくなってきました。

 

まずは一番人気のコレから。

 

DSC07636.jpg

 

K-2672 ウインターウイルジャケットです。

 

これに関しては以前お伝えしてから状況は変わってないですね。

「BK:XL」と「OR:LL」の2本です。

 

そして最近俄かに売れて行ってしまったのが・・・

 

DSC07631.jpg

 

K-2670 ウインターモードスポルトジャケットです。

 

こちらも残り2本。

「RD:LL」「BK:XL」です。

 

その後ろに見えるK-2671 ウインターテックジャケットは「柄なしBK:M」の1本のみとなりました。

 

K-2675 チームジャケットも残り3本。

「グレー:M」「BK:M」「BK:LL」です。

 

ゴアテックスはジャケットは完売ですが、パンツはあと1本残っています

 

DSC07633.jpg

 

「BK:XLサイズ」がラスト1本です。

 

そしてコチラ。

 

DSC07634.jpg

 

K-2673 ウインタースワンクジャケットですが、こちらは以前お伝えした時と同じ状況ですね。

 

NVはMとLの各1本

BEはLとLLの各1本です。

 

あ・・その後ろにチラリと見えております、K-1907ウインドストップパーカーですが、こちらもネイビーのMがラスト1本となってしまいました。

 

そして旧モデルも在庫もこんな感じです。

 

DSC07635.jpg

 

かなり少なくなってきましたが、なにげにゴアショートのMサイズが1本残っていたりします。

 

こんな感じで全般在庫は少なくなってきましたが、「オレのサイズがあるじゃないの!」って方は取り急ぎお電話くださいねー!

お電話一本でお取り置きいたしマス!!

 

 

 

| kushitanimeit | - | 19:19 | - | - | pookmark |
2017.12.07 Thursday
2018年カレンダー入荷しました!:KUSHITANI名東店

これが入荷するといよいよ年末という気がしますね〜。

 

2018年のカレンダーが入荷しました。

 

DSC07573.jpg

 

せっかくなのでちょっとカッコよく見えるように撮影してみましたw

 

DSC07566.jpg

 

来年のは裏が契約ライダーさんの写真カードになってますね。

 

2017年版はイラストでしたので、こんな風に額に入れて飾ってました。

 

DSC07585.jpg

 

個人的にはこちらの方が好みではあるんですけど、まぁ作るのが大変そうなのは想像がつきます。

 

2018Verは裏側がペン立てにもなってます。

 

DSC07578.jpg

 

DSC07582.jpg

 

これから年末まで、1万円以上のお買い物をしてくださった方には差し上げます!!

 

えー。

もちろんこれ単体でも販売します!

 

DSC07587.jpg

 

レジカウンターのところに置いてますけど、値段は・・・うーん・・どうしようかなぁ??ww

500円とか700円とかそんなもん??

 

これはまた明日にでも決めてPOPつけておきます!!

 

いずれにしましても数量限定ですのでお早目に!

 

| kushitanimeit | - | 20:03 | - | - | pookmark |
2017.12.05 Tuesday
ブログアーカイブスコーナーを設置しました・KUSHITANI名東店

お客さんから「昔のブログ記事にすぐにアクセスしたい」というご要望をちょいちょいと頂いておりました。

 

僕も個別の記事をいちいちブックマークなんかしてませんし、時々「そういえばあの記事・・・」とアクセスしたくなった時は皆さんと同じようにその都度検索していたのですが、どうにも手間ですし、どうもリンク切れなんかも発生しているみたいですので、WEBサイトに「ブログアーカイブス」のコーナーを設置しました。

 

 

記事別に、一応5つのカテゴリーに分類しました。

 

資料性の高そうな記事(←自分で言っちゃってるよw)にこれでアクセスしやくなったと思います。

 

今のところの分類は以下の通りです。

 

 ●お客さんから依頼を受けたり、自分の私物などに施したりした「カスタマイズ」

 

 ●季節や状況に合わせたレイヤリングなどについて書いた「ツーリングノウハウ」

 

 ●特定のアイテムをクローズアップして掘り下げた「掘り下げ解説」

 

 ●主に個人で出かけたツーリングのレポート「ツーリングレポート」

 

 ●CBMなどのイベントに出かけた模様について書いた「イベントレポート」

 

ただし今のところ拾えてるのは2017年の記事までです。

おいおい遡りますが、これが思いのほか手間でしてww

 

コンテンツももうちょっと増やすかもしれませんが、過去の教訓から「手を広げると絶対に管理しきれずに放置する」のが目に見えてますので、まぁボチボチとやっていきますので長い目で見てやってください。

 

 

 

| kushitanimeit | - | 20:16 | - | - | pookmark |
2017.12.04 Monday
この時期の通勤コーデ:KUSHITANI名東店

めっきり寒くなってまいりましたが、あんまり着込んでモコモコになるのは嫌だなぁ・・・

 

ツーリングの時はそんなことも言ってられないけど、通勤や街乗りの時にはデザインもシルエットも重視したい・・

そんなお客さんも多いはず。

 

それでは僕の個人的なこの季節の通勤コーディネートをご紹介いたしましょう。

 

DSC07349.jpg

 

ジャケットはもう7年前のモデルになるんですね。

 

EX-2713 ウインドストッパーメルトンピーコートです。

 

僕が所有した数多くのクシタニジャケットの中でも1〜2を争うほどのお気に入りです。

 

さすがにウチのクローゼットにはそんなに余裕はありませんので、ジャケットも新しいものをおろすと、もうあまり着なさそうなものから処分していってしまうのですが、このモデルと荒川眞一郎さんとのコラボモデル「A&Kジャケット」は多分「棺桶に一緒に入れておいてください」っていう勢いです。

 

このピーコートは実際よく売れましたね〜。

 

未だにお問合せをちょいちょい頂くんですけど、さすがにもう流通在庫ありません。

っていうかあったら僕が「自分用の予備」として確保しておきたいですよ!

 

レディースもあったんですけど、コレも大好評でした!

 

ピーコート・・・また作ってくれないかなぁ?

 

まぁもう7年前の絶版モデルですから今さら詳細を知ったところでどうしようもないと思うのですが、コチラに紹介記事がありますのでよろしければドウゾ。

 

 

ミドルレイヤーは、ウインドストップパーカーの昨年モデル。

パンツは先日カスタムしてもらったEライドウォームパンツ(こちらも昨年モデルです)。

細身の綺麗なラインですよね。

 

DSC07338.jpg

 

基本的に仕事中はこの恰好です。

 

もう全くタウンカジュアルと言っても差し支えないですね。

写真には写っていませんがブーツだけはツーリング時と変わらないペコスブーツです。

ここはちょっと考えたいなぁ〜。

 

そして防寒小物はこんな感じ。

 

グローブは街乗りの時に愛用している「K-5556 ウインターロングレザーグローブ(2014年モデル)」です。

 

掌は薄目の仕様ですのでグリップヒーターの熱も伝わりやすく、タウンユースにはピッタリです。

 

DSC07425.jpg

 

そして冬の防寒小物といえばネックウオーマー。

 

DSC07394.jpg

 

これも昨年モデルですね。

ネックウォーマーの性能自体は、そんなに年次によって差が出ませんのでお好みのデザインのものを使われるのがいいかと思います。

 

この辺はまさにマフラー感覚ですが、昨年モデルのこのノルディック柄は大変に気に入ってます。

 

全部身に付けるとこんな感じですね。

 

DSC07352.jpg

 

仕事終わりにこのまま街中に遊びに行っても全く違和感のないコーディネートで、多分冬場の通勤はこれで通すと思います。

 

もちろん機能性は犠牲にしておらず、ジャケットの防寒性能は基本的に他のツーリング向けウインタージャケットと同等なのです。

 

しかしふた昔前くらいまで、オートバイウエアでこんなコーディネートが可能になるなんて想像もしませんでした。

 

DSC07353.jpg

 

もう絶版モデルばかりですが、今期モデルでも負けず劣らないコーディネートをご提案できますのでぜひご相談くださいね!

| kushitanimeit | ツーリングノウハウ | 17:45 | - | - | pookmark |
2017.12.03 Sunday
パンツカスタムのご紹介:KUSHITANI名東店

ちょっとご無沙汰してしまいました。

 

さすがにこの時期新製品の入荷もありませんし、ツーリングのペースも落ちますしね・・・

 

そんなタイミングでカスタムをご依頼いただいていたお客さんのパンツが仕上がってまいりました。

 

このお客様、男性の方なんですけどかなり細身な方です。

日頃のジーンズも25〜26インチを着用されていらっしゃるとのことで、なかなかバイクウエアでもジャストフィットのものが見つからずに苦労されていらっしゃいました。

 

以前からエクスプローラー(カントリー)ジーンズにご興味を持たれていらっしゃったようなのですが、メンズサイズは28インチからの設定ですのでもう「無理だろう・・」と諦めていらっしゃったとのこと。

 

そこでまずご提案したのがレディースモデルです。

 

以前もご紹介いたしましたけど、現行のレディースモデルは、以前のEXL-1209(ブーツカットモデル)に比べて腰回りのカットがスッキリしているため男性が穿いても不自然な膨らみが出ずに綺麗なシルエットになります。

(実は僕も最近はこのレディースモデルを愛用しております)

 

そこでそのレディースモデルのなかでも最も細い「レディース28インチ」をご試着頂くとほぼジャストフィット!

 

 

DSC01263.jpg

 

実のところこの現行レディースモデルは腰回りがタイトなため、28インチを楽々と穿けるのは女性のお客さんでもかなり限られてきます。

 

とりあえずこのサイズをお買い上げいただいたのですが、やはり寸法とシルエットは「100点満点」ではありませんでした。

 

そこで後日、日頃お使いのジーンズをお持ちいただきカスタムのご相談となりました。

 

そのお客さんの私物の着用状態はこんな感じです。

 

DSC01268.jpg

 

DSC01267.jpg

 

エクスプローラージーンズよりももう一回り細身です。

 

特に裾部分はかなりの差があります。

 

こちらはエクスプローラー。

 

 

こちらがお客さんの私物です。

 

 

お客さんの私物はスキニータイプですので、裾に向かってかなりテーパーがかけられています。

 

では実寸法を比較してみましょう。

 

下がエクスプローラー、上がお客さんの私物です。

あくまでも実寸法ですと、平置きで太腿部分で1,5cm差(つまり外周で3僉法

 

DSC01277.jpg

 

 

膝周りで2cm(外周4cm)。

 

DSC01277.jpg

 

裾に至っては3,5cm(外周7cm)です。

 

DSC01275.jpg

 

この寸法をそのままツメればその通りのシルエットになるかというとなかなかそうでもないところが難しいところ・・

 

もともとが違う形状のパンツですので、オリジナルのエクスプローラーのシルエットも維持しつつ、お客さんのイメージに近づけるための寸法を割り出しまして工場へ送った数値はこんな感じです。

 

IMG_20171203_0001.jpg

 

ウエスト〜ヒップ2cm、太腿1cm、膝周り2cm、裾幅6cmです。

 

通常のサイズツメの場合、裾幅ってほとんどイジりませんのでこのツメ幅は相当な数値です。

 

 

さぁそれで仕上がりはこんな感じ!

 

DSC07307.jpg

 

おお!!カッコイイ!!!

 

DSC07300.jpg

 

一回りスリムになり、裾に向けて綺麗なラインも出ています。

 

DSC07310.jpg

 

お客さんにもご満足いただきました。

 

こういう場合、何よりも大事なのはお客さんの方に「こういうシルエットにしたい!」というイメージがハッキリしてることです。

 

今回はご自身の愛用されているパンツを持ち込まれてのご相談だったのですが、こういうサンプルがあると分かりやすいですし、その時点で「出来ること」「出来ないこと」のアドバイスはある程度差し上げられます。

 

今回のカスタマイズは、「サイズツメ」の料金が適応されますため見積もりもしやすく、ウエストから裾までのツメ修理ということで¥15,000(税別)でした!

 

皆さんも何か「ここがこうなってたらな〜」ということがございましたらまずはお気軽にご相談くださいね〜。

 

 

| kushitanimeit | カスタマイズ | 11:19 | - | - | pookmark |