レッグバッグ(一時的に)完売デス:KUSHITANI名東店

0

    先週金曜日に入荷した新しいバッグシリーズがお蔭様で大好評でして、今回名東店に入荷した中で、早くもレッグバッグが完売してしまいました・・・・

     

    定番生産品ですので、また次の仕上がりは必ずありますが、それがいつになるかは現時点では不透明です・・・

     

    大変申し訳ございません。

     

    次回の入荷予定が判明いたしましたらまたこちらでお知らせいたします。

     

    あ・・ご予約頂いていた方の分は確保しておりますのでご安心を!

     

     

     

     


    東北の秘湯を旅する:KUSHITANI名東店

    0

      先週三連休を頂いて、東北へ旅してきたレポートをお届けします。

       

      えー。

      例年この時期に東北や北関東へ鉄道旅しておりますが(その模様はこちらに掲載しております)、昨年と一昨年は、秋田〜青森を繋ぐ五能線に乗るのがメインで、そのついでに東北の秘湯を楽しんできました。

       

      しかし今年は、もう純粋に温泉だけを楽しんでこようかな?と思いまして、以前オートバイでも訪れたことのある岩手の鉛温泉へと出かけてまいりました。

       

      鉛温泉もそれなりに山の中にあるのですが、アクセスとしましては花巻駅から送迎バスが出ておりますので、基本的には新幹線だけで到達してしまえます。

       

      一番楽なのは東京駅から東北新幹線で新花巻駅まで行きそのまま送迎バスに乗り込めばいいのですが、何となく在来線も一本くらいは乗りたい気持ちもありましたので、新幹線は北上駅で下車。

       

      DSC05065.jpg

       

      DSC05066.jpg

       

      そこから在来線に乗り換えます。

       

      DSC05067.jpg

       

      少し雪がチラついてきました。

       

      これに10分程乗って花巻駅へ。

       

      DSC05073.jpg

       

      ここから鉛温泉までは無料の送迎バスで運んでくれます。

       

      DSC05074.jpg

       

      街からほど近い場所にはほとんど雪は無かったのですが・・・

       

      DSC05076.jpg

       

      山間部へ向かうにつれ、段々と雪が深くなってまいりました。

       

      DSC05079.jpg

       

      そんなこんなでバスに40分ほど揺られて鉛温泉藤三旅館に到着です。

       

      DSC05090.jpg

       

      この宿は「旅館部」と「湯治部」に分かれておりまして、一般の旅行客と、湯治のために長逗留する人と、それぞれのニーズに合わせて選べるようになっています。

       

      DSC05110.jpg

       

      ちなみにこちらは旅館部外観。

       

      DSC05111.jpg

       

      DSC05112.jpg

       

      もちろん僕は湯治部です!!

       

      一応入口こそ二つに分かれていますが、建物は中で繋がっており、4つあるお風呂は全て共用出来ますので、「とにかく温泉が優先」で、部屋や食事にはそれほどこだわらない僕からすればもう湯治部で充分なのです。

       

      そして何よりもこの「昭和の頃から寸分変ってないであろう佇まい」こそ僕の好みど真ん中です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      自炊で長期滞在する人のための炊事施設も備わっています。

       

      DSC05104.jpg

       

       

      この10円入れて使うガス台・・・懐かしいです。

      大学生の時に住んでた学生寮にも同じものがありました。

       

      DSC05105.jpg

       

      基本的に以前訪れた12年前と変ってないのですが、以前あった自炊の人のための売店が無くなってしまっておりました・・・

       

      CIMG4300.jpg

       

      ここを切り盛りしていたお婆ちゃん(旅館の社長のお母さんらしいです)が身体を壊されたことと、昨今自炊しながら長逗留する人も減ったことから閉鎖したとのこと・・・

       

      ここはちょっと残念でした。

       

      それと、旅館部、湯治部に加え、さらに高級路線の別館が増設されていました。

       

      DSC05115.jpg

       

      なんでも一泊3万円ほどのプレミア旅館らしいんですけど、元々のここのユーザーに需要があるのかどうかはちょっと疑問ですねぇ・・・

       

       

      さて。これがこの温泉宿最大の売りである大浴場「白猿の湯」です。

       

      DSC05081.jpg

       

      DSC05084.jpg

       

      何でも日本一深い湯船とのことで、深さ140cmくらいあるそうです。

       

      身長166cmの僕が立ってこのくらいです。

       

      DSC05086.jpg

       

      部屋はこんな感じの純和風。

       

      DSC05096.jpg

       

      やっぱり温泉宿にはコタツがないとね!!

       

      しかし食事は正直「病院食」レベルですwww

      (謎のハンバーグww)

       

      DSC05080.jpg

       

      旅先で「美味しいもの」を求めたい方は、旅館部に泊まるか追加料金でアップグレードしましょう!

       

      僕はもう腹が膨れれば食事の内容にはたいしてこだわりませんのでこれで充分です。

       

      こんな食事なら、一泊二食付で基本料金6600円くらいだったかと思います。

      (これが12年前に泊まった時は確か3900円だった!)

       

      こんな鄙びた旅館に二泊。

       

      ひたすら、温泉→読書→昼酒→うたた寝の無限ループの開始です。

       

      DSC05100.jpg

       

      お風呂で会った大阪から来てると言うオジザンも一週間滞在しているらしく、僕とほぼ同じ過ごし方をしてるとのこと。

       

      このオジサンは旅館部に泊まってるらしいのですが、他のお客さんに「昼間なにしてるんですか?」と不思議そうに質問されるそうです(なんという愚問!!)。

       

      「これがやりたくて来てるのにねぇ」と語り合いましたよ。

       

      いい温泉とミステリー小説さえあれば、僕はもう永遠に「何もしないで過ごす」ことが可能なエキスパートなのです!

       

      しかしこんなダラけた過ごし方でも時間の経過はあっという間・・・

      二泊三日じゃまるで足りません・・・

       

      僕も早くあのオジサンのように一週間くらい滞在できる身分に早くなりたいものです。

       

      三日目の朝に泣く泣く帰路につきました。

       

      帰りは素直に新花巻駅から新幹線で帰ります。

       

       

      あとは快適な新幹線の揺れにまかせて帰るだけなのですが、せっかく東京経由で帰りますのでちょっと寄り道・・・

       

      DSC05137.jpg

       

      渋谷でやっている写真展「ソールライター展」を見にきました。

       

      DSC05142.jpg

       

      2017年にも一度展覧会があったのですが、その時も東京のみの開催で見逃していたのです(今回は京都にも巡回しますよ!)。

       

      展示してある写真は圧巻の一言で、全ての写真の前で「うわぁ・・・カッチョエエ・・」と溜息をつく怪しい観客になっていましたww

       

      しかし同時に、「かっこいい写真」の引き出しは1950年代にはすべて開けられちゃってるんだな・・・ということも実感しました。

       

      しかし渋谷に来るのって何気に35年振りです。

       

      千葉の実家に住んでる時でも、渋谷って全然用事がなかったんですよね。

       

      僕はもっぱら東京へは名画座通いに行っておりましたので、高田馬場、中野、新宿、池袋、新橋辺りがテリトリーでした。

       

      当然35年も経てば風景も激変・・・

       

      DSC05144.jpg

       

       

       

      何より人の多さにビックリです!!

       

      DSC05148.jpg

       

      もちろんスクランブル交差点も初めて渡りましたw

       

      そんなこんなであとは名古屋へ帰るのみ。

       

      本当に充実した三日間でした!

       

      DSC05099.jpg

       

      おまけ。

       

      今回の旅にはモカシンブーツを履いていきました。

       

      寒さや雪道でもバッチリで、なおかつオシャレ!

       

      DSC05133.jpg

       

      冬場のタウンユースにも最適なブーツであることを再認識しました!

       

      もひとつオマケ!

       

      このレポートの中にも混在しておりますが、昔ながらの湯治宿とフィルムカメラのマッチングはやはり最高で、僕の個人的写真ブログの中にも、フィルム写真だけのレポートを掲載しております。

       

      ご興味あれば合わせて是非。

       


      さよなら岡山店!:KUSHITANI名東店

      0

        先週、お休みを利用して岡山まで行ってまいりました。

         

        レポートに若干タイムラグがあったのには理由があります。

         

        もう本社WEBサイトには情報がアップされておりますが、この春、クシタニ岡山店が移転OPENします。

         

        僕が岡山に行った時点ではまだ情報解禁されておりませんでしたので、情報がアップされるまでレポートを控えておりました。

         

        現在の岡山店は1982年OPENですから、今年で創業38年になります(名東店より3歳年上ですね)。

         

        そして僕はこのお店に89年から92年まで約3年半勤務しておりました。

        高松店の次、入社してから(研修中に勤務した箕面店を除き)2店舗目のお店です。

         

         

        そして、僕がこれまで勤務したクシタニショップは、この岡山店を除き全てクローズしてしまっています。

        (一応断っておきますが、僕が引導を渡した店は一つもないですよww)

         

        移転OPENですから厳密にはクローズではありませんが、いよいよその岡山店も無くなってしまうともなれば、最後にちょっと見に行ってみようかな?という感傷的な気持ちになり岡山へ向かうことを心に決めました。

         

        僕は1月くらいからなんとなくそんな気持ちになっていたのですが、関西在住でそれなりに岡山店と縁のあったクシタニ店長や旧クシタニスタッフでも同じ気持ちの方がいらっしゃったので、日にちを合わせて集合することにしました。

         

        DSC05009.jpg

         

        夕方に集合し、その晩は飲みに行き、カラオケなども楽しんだ後に宿泊。

         

        翌日に岡山店へと向かいました。

         

        DSC05021.jpg

         

        看板こそ変っておりますが、外観は僕が勤務していた28年前と変わりません。

         

        DSC05026.jpg

         

        中も大きく改装は加えてないとのことで、基本そのままです。

         

        DSC05011.jpg

         

        DSC05023.jpg

         

        DSC05034.jpg

         

        DSC05033.jpg

         

        もしもあなたの「クシタニショップ体験」の始まりがパフォーマンスストアでしたら、そこと比べてしまうと若干の戸惑いはあるかもしれません。

         

        「昭和の匂いのするクシタニショップ」とでも言いましょうか?

         

        しかし僕が入社した頃って、こういう雰囲気のお店ばかりでしたので僕としては何の違和感もなく、ただただ懐かしいだけです。

         

        DSC05012.jpg

         

        床も当時のまま!!

        この凸面と凸面の間に汚れがたまると掃除が面倒くさかったんだよな〜〜

         

        DSC05025.jpg

         

        昔からあるクシタニショップにはお約束の蔵書ですね。

        (名東店にもありますよ!)

         

         

        DSC05030.jpg

         

        ワハハハ!!川口リカさんの写真!!

        バイクアイドルのはしりですね。

         

        クシタニ契約だったとのことで、80年代のクシタニイベントにはよくゲストとしていらしてくれていたそうなんですけど、残念ながら僕の入社前の話ですね。

        僕はお会いしたことはありません。

         

        さて、せっかくここまで来ましたので、以前の僕の生活圏だったところもブラブラしてみることにしました。

         

        まずは当時住んでいたアパートへ。

        お店から徒歩2〜3分の距離です。

         

        DSC05013.jpg

         

        ここは現存していました。

         

        名称だけは変っているようですが・・・・

         

        DSC05016.jpg

         

        僕が住んでいたのは3階の右側の部屋です。

         

        DSC05014.jpg

         

        というかこの部屋が、代々クシタニ岡山店勤務のスタッフの社員寮として使われていたのです。

         

        ドアとかは塗り替えられていますが、洗濯機が外に出す仕様なのは当時のままですね。

         

        社員寮とは言っても家賃全額負担でしたからねww

        当時のバイク業界の福利厚生って本当に立ち遅れてましたからw

         

        その頃の僕の生活圏は、お店から半径せいぜい500m以内でした。

        高松店と違い、周囲にはお店が色々あり、徒歩圏内で用事はほぼまかなえたのです。

         

        3年半の間、ほぼ8割の夕食はここで食べていたと思われる食堂はかなり昔に閉店し、今はABCストアに変っていました。

         

        DSC05020.jpg

         

        確か「夢ぞの」とかそんな名前だったかな??

        食堂と言っても、定食屋のような構えではなく、もうちょっとだだっ広い空間で、今思うとフードコートとドライブインを足して二で割ったような作りでした。

         

        そんな店でも毎日行けば、お店のオバチャンとは顔見知りになりました。

         

        その食堂の目の前にレンタルビデオ屋もやってる書店があったのですが、今は中古買取・販売の店になっていますね。

         

        DSC05019.jpg

         

        もうほとんど365日、仕事が終わると夢ぞのでご飯を食べ、この本屋さんへ立ち寄り、文庫本を買ったりビデオを借りたりして家に帰る・・・・という毎日でした。

         

        たまに、夢ぞのに併設されていたゲーセンで小銭を使うくらいで、ほぼこのルーティンです。

         

        若い頃はお金が無かったってのもありますが、飲みに行くこともほとんどありませんでした。

         

        周囲の店はほとんどが変ってしまっていましたが、この「おばちゃんの店」だけは移転しつつもその名前を受け継いで営業中でした。

         

        DSC05017.jpg

         

        ここもお昼ご飯を食べにちょいちょい通っておりましたが、文字通り「おばちゃん」がいて、常連の女子高生の恋愛相談に乗ってあげたりしていました。

         

        僕はお好み焼きをつつきながら、「よくお好み焼き屋のおばちゃんにそんな明け透けな話するよなぁ」と盗み聞きしつつ内心驚いていたものですw

         

        しかしあのおばちゃんの年齢を考えると、今は「おばあちゃんの店」と改名した方がいいかもw

         

        当時の行動範囲が実に狭かったので、僕のセンチメンタルジャーニーもほんの15分で終わります。

         

        とにかく岡山店周辺の店舗の変りようは凄まじく劇的で、岡山店が当時の体裁そのままに現存していたのが奇跡のように思えます。

         

        DSC05029.jpg

         

        他の店長さんたちはそれぞれの予定もあるのでここで解散。

         

        僕はちょっと居残って、当時の常連さんに会いに行くことにしました。

         

        DSC05047.jpg

         

        岡山店にしょっちゅう遊びに来てただけでなく、スキーやツーリングやキャンプといった遊びもよく一緒にしていたKクンです。

         

        僕が赴任した時Kクンはまだ高校生で、学生服で遊びに来てたものです。

         

        僕が25〜26歳の時に高校生ですから、当時は随分歳が離れているようなイメージだったんですけど、30年近く経ってしまえば「どっちもオッサン」という同じカテゴリーに入りますねw

         

        仕事中なのにお邪魔して、思い出話に耽ってしまいました。

        Kクン長居してスマンかった!

         

        Kクンの職場を辞したのが3時頃。

         

        また岡山店に戻って、丸山店長と談笑した後に帰路に向かいます。

         

        帰りは、岡山在住時代にただの一回も乗ったことがない路面電車に乗って岡山駅へと向かいました。

         

        DSC05050.jpg

         

        今や路面電車がある街というのが希少な存在で、基本僕は大好きではあるのですが、僕が住んでいたアパートからこの路面電車の駅までって歩いて20〜30分もかかる微妙な距離にあり、しかも岡山市街地まで向かうバスの停留所がアパートの目の前にあったため、わざわざこれに乗るメリットってまぁ全然無かったんですよ。

         

        その頃日常の足はほぼオートバイでしたしね。

         

        乗ってみれば、10分置きには出るそこそこ過密なダイアの割りに乗客もそこそこいて、割と市民の日常の足として機能しているみたいです。

         

        DSC05051.jpg

         

        岡山駅に着いたのが4時半頃でしたが、このまま名古屋まで帰ってもなんだか中途半端な時間です。

         

        そこで駅前をグルリと見回すと、あるじゃありませんか!

         

        DSC05057.jpg

         

        クライミングジムがwwww

         

        ボルダリングを趣味にしますと、この「旅先でもジムに行ってしまう」ってのはあるあるみたいでして、シューズをレンタルし、2時間ほど汗を流してようやく名古屋への帰路につきました。

         

         

        僕が岡山店に勤務していたのは、僕が25歳から28歳くらいの間でして、この20代中盤のまるで学生気分の抜け切れない(今もですけどw)時代に過ごした土地ですので、当然ながら色々と思い出はあり、今回の岡山訪問もそれなりの感傷はありました。

         

        しかし、高松店で過ごした一年間に比べるとその感傷も圧倒的に薄く、いつ完結するとも知れない長文を書き綴らずにはおれない高松店時代に比べると、その印象もかなり希薄です。

         

        正直かなりの出来事を忘れてしまっています。

         

        それは恐らく幾つかの要因があるでしょう。

         

        岡山店は、高松店よりも店舗面積も相当広く、売上も比較にならないくらい高く、スタッフもほとんどの期間二人体制でした。

         

        毎日にように遊びに来てくれる常連さんもいますし、買い物やレジャーなどの周囲の環境は、生活に全く不自由しないほど(高松店に比べると)恵まれていました。

         

        それに岡山店は、OPEN当初から直営店でしたので、歴代店長も全てクシタニの社員で、そういう意味では誰がスタッフだろうが一定の連続性はあるわけです。

         

        高松店のようにそれまでの常連さんが全く来なくなる・・・みたいな現象もほぼ起こりませんでした。

         

        そうするとですね。

        高松店時代のように、「必然的に自己の内面と向き合わざるを得ない」という時間がほとんどなくなるわけです。

         

        なんたって家に帰るまでは一人の時間というものが全く無いわけですから。

         

        ですので、僕は岡山勤務中、特に自分の置かれた環境に疑問を持つことも無く、遠距離恋愛に悶々とすることもなく・・・いや・・そこはちょっとあったかな?ww・・・

         

        まあいずれにしても、割と(お金が無いという以外はw)平穏な気持ちで過ごしてたんですよね。

         

        それはそれで大変結構なことではあるのですが、こうして30年経って思い返してみた時に、「思い出しただけで平静な気持ちでいられなくなる」ような出来事はほとんど無かったかのような思えてくるのです。

         

        高松店は僕が離れて1年後には閉店し、岡山店はその後30年継続したこともその印象の差の要因かもしれません。

         

        ただ、ほぼ30年振りに自分が暮らした空間をほっつき歩いてみると、確かに僕はここで暮らしていたんだ・・・という実感はそれなりに蘇ってきました。

         

        そしてもしかしたら、今の岡山店がクローズしてしまった瞬間から僕の感傷はその色彩を濃くするのかもしれません。

        年齢が上がれば上がるほど、失ったものへの憧憬は強くなるばかりです。

         

        たった3年間居ただけの僕でもそんな風に思うわけですから、30年間この店と苦楽を共にした丸山店長の心中は如何ばかりなんだろう?ということにチラリと思いを馳せざるを得ません。

         

        いずれにしましても、岡山店の現店舗が存続しているのもあと一週間あまりです。

        お別れを言える時間を持てたことはとても良かったですし、僕にとっても意味のあることなのは確かでしょう。

         

        現在岡山店ではクローズセールを開催中です。

         

        このブログの読者さんは、結構全国にいらっしゃるようですので、中国地方にお住まいの方はぜひお店に足を運んでみてください

         

        こういう「昔ながらのクシタニショップ」が消えていくのは、僕の個人史だけではなく、クシタニという会社にとっても一つのターニングポイントであることは間違いありません。

         

        そんな瞬間を目にするのもきっと悪くはないと思いますよ。

         

        とにもかくにもさようなら岡山店。

        今回の訪問で思い出した幾つかのエピソードも、また機会があればここに綴りたいと思います。

         

         


        メルマガで入荷情報配信してマス!!:KUSHITANI名東店

        0

          ここのブログをよく読んでくださってる方は名東店のメルマガも読んでくださってるとは思いますが、この春からちょっとマメに入荷情報を配信しております。

           

          ブログも極力タイムラグなく入荷情報はお知らせしておりますが、なかなか毎日ブログにアクセスするというのは面倒臭いでしょうしついつい忘れちゃいますよね。

           

          そこで売れ筋商品の入荷や、大量に入荷があった日にはその旨メルマガにてお知らせいたします!

           

          メルマガ会員のご登録はコチラからお願いしますね!!

           


          ジャケットと新型バッグ大量入荷!!!:KUSHITANI名東店

          0

            予告通り、三連休はもう「人間はここまでダラダラ出来るものなのか?」という実験のような三日間を過ごしていたのですが、旅行中にふと京都店三原店長のブログの、「品出しだけで一日終わった」的な記事を読んで途端に憂鬱になりました。

             

            帰ったら名東店にも同じことがやってくるのか・・・・

            しかも一日休み多い分さらに加算されるに決まってます・・・・

             

            と思ったら案の定やってきましたよ12箱www

             

            DSC05152.jpg

             

            ああああ!!一日休んだだけなのに(スマホを落としただけなのに風味w)!!

             

            一瞬明日まで手を付けずに、週末に出勤してくるヨーコさんに手伝ってもらいながらやろうかな?・・・という考えも頭をよぎったのですが、つい先週「ねぇ?店長・・・最近面倒臭そうな仕事は大体私に振ってません??」と疑惑の目を向けられたばかり(気がついちゃいました??)ですので、あまりにもあからさまですw

             

            もう諦めて、心を無にして淡々と品出しするしかありません・・・・

             

            午後3時の状況・・・・

             

            DSC05153.jpg

             

            終る気がしませんwww

             

            午後5時頃・・・・

             

            DSC05154.jpg

             

            ようやく終わりが見えてきました。

             

            さてさて、やってきたのは今期春夏ジャケットの一部です。

             

            入荷商品をザザーッとご紹介いたしましょう!

             

            まずは長距離ツアラー御用達の「アクアジャケット」

             

            DSC05168.jpg

             

            DSC05169.jpg

             

            こちらはブラックとオレンジが入荷しました(ライトグレーはまだです)。

             

            そしてタウンカジュアルとしても人気のベクトルジャケット。

             

            DSC05170.jpg

             

            DSC05171.jpg

             

            こちらはブルーとホワイト。

            ブラックとレッドはまだこれからです。

             

            そして早くもフルメッシュジャケット!

             

            DSC05172.jpg

             

            そしてこちらは全色入荷です!

             

            DSC05173.jpg

             

             

            そして今期唯一のスポーツ系ジャケット、コンテンドジャケット。

             

             

            こちらも全色入荷です!

             

             

             

            そしてお次に入ってまいりましたのがリニューアルしたバッグ類!

             

            DSC05175.jpg

             

            ヒップバッグ、ワンショルダーバッグ、レッグバッグは基本従来モデルの継承で、差し色の変更や細部の使い勝手を向上させています。

             

            特にこれまでいま一つ実用性のなかったスマホケースがようやく「使えるように」なりました!

             

            DSC05155.jpg

             

            ご来店中のお客さんからIphone11プラスをお借りして入れてみました。

             

            DSC05158.jpg

             

            ジャストフィットですね。

             

            この3型はマイナーチェンジですが、大きくリニューアルされたのがバックパックです。

             

            DSC05178.jpg

             

            これまでオーソドックスなアウトドア用ディパックを模しておりましたが、今回完全なフルモデルチェンジ!!

             

            DSC05179.jpg

             

            よりオートバイでの使い勝手を考えて徹底して作り直されています!

             

            特に背中の通気性については特筆ものですね!

             

            DSC05180.jpg

             

            そして今までになかった完全新作がこちら。

             

            DSC05176.jpg

             

            ボディバッグです。

             

            DSC05177.jpg

             

            ペットボトルホルダーが目を引きます。

             

            メイン気室の容量はワンショルダーバッグよりも小さ目。

            完全に「財布とスマホ用」と割り切れる方にはジャストサイズですね!!

             

            ここまで駆け足でご紹介してまいりましたが、もうホント・・・並べるの大変でしたw

             

            ここまで来て根気が切れましたwww

             

            DSC05183.jpg

             

            というわけで皆様!この週末はぜひ新製品をご覧に来てくださいね!!


            明日から三連休いただきます:KUSHITANI名東店

            0

              毎年2月の恒例ではありますが、明日から三連休頂きます。

               

              通常第三週は、火・水連休ですが、それにプラスして木曜日もお休み頂きます。

               

              で、これも毎年恒例ですが、ちょっと北へ旅に出てきます。

               

              昨年、一昨年は秋田の五能線に乗り、そのついでに東北の秘湯を楽しんできましたが、今回はもうただただ秘湯を楽しみにだけ行ってまいります。

               

              帰ってまいりましたらまた旅レポなどもいたしますね!

               

              CIMG4301.jpg


              【速報!!】メッシュジャケットの一部が早くも入荷してまいりました!:KUSHITANI名東店

              0

                本日の昼過ぎ、佐川さんが大き目の箱を3つばかり運んできてくれました。

                 

                「あれ??土曜日は基本的に出荷がないから日曜日には荷物来ないはずなんだけど・・・」と訝しがりながら箱を開けてみますると・・・

                 

                 

                DSC05058.jpg

                 

                なんと!!!!!

                 

                早くもメッシュジャケットが入ってるじゃありませんか!!!

                 

                納期予定は4月のはずで、皆様にもそのようにお伝えしていたのですが、急遽早まったようです。

                 

                こういうことがあるので気が抜けません。

                 

                で・・・入ってまいりましたのは・・・・

                 

                 

                DSC05059.jpg

                 

                早くも予約殺到の「フルメッシュパーカージャケット」です!!

                 

                ただし今回の入荷はネイビーのみです。

                 

                そしてエアーコンテンドジャケットの白のみ!

                 

                DSC05060.jpg

                 

                DSC05061.jpg

                 

                この二型のこのカラーが気になっていた方は何卒お急ぎください!!!

                 

                あ・・・ご予約のお客様の分はお取り置きしておりますのでご安心を。

                 

                そして毎年定番のウインドブレーカーも入荷しました!

                 

                DSC05062.jpg

                 

                本日は取り急ぎ入荷のご連絡まで!

                 

                今回は予定より早い入荷にかなりビックリしましたが、並べてる側からフルメッシュパーカージャケットは売れておりますので、本当に急いでくださいね!

                 

                他の色が入荷いたしましたら即座にまたご報告いたします!


                お取り寄せ商品に関するお願い:KUSHITANI名東店

                0

                  ここ数年、ありがたいことにクシタニのアイテムは全般市場での評判も上々で、ご来店のお客様の数も3年前よりも明らかに増えておりますし、中でも若いお客さんが増えており、これはクシタニだけでなく業界全体にとっても明るいニュースです。

                   

                  しかしありがたい反面、最近ちょっと困った事例が増えてきたのも事実なのです。

                   

                  それは「お取り寄せの商品の入荷の連絡をしても、ご来店されない」事例の増加です。

                   

                  クシタニのお客さんは仕事上でもほとんどが現役世代ですのでお忙しいのは重々承知しております。

                  僕も個人的に買い物に出かけ、欲しい商品が取り寄せとなった場合、次にいつそのお店に行けるかはなかなか読めませんし。

                   

                  なので、入荷のご連絡をしてから2〜3週間お越しになられないことは、当店では全く問題と感じておりません。

                  その間電話の1本も頂ければ一ヶ月でも二ヶ月でも置いておきます。

                   

                  ただし昨今増えてまいりましたのは、ご来店されないだけでなく、その後電話での連絡が全くつかなくなる事例です。

                  分かりやすく言いますと、全く電話に出てもらえないのです。

                   

                  これは、その商品をどのように処理すればいいのか大変困惑してしまいます。

                   

                  1〜2ヶ月ご連絡が取れない場合は、キャンセルと判断しても妥当なのかな?とは思いますし、他にその商品が欲しいお客さんがいらっしゃればそちらにお買上げ頂きたい気持ちはあるのですが、何と言っても、最初にご注文いただいたお客さんの許可を得ることなく他に転売してしまうことも出来ません。

                   

                  結果その商品は棚に眠り続けることになります。

                   

                  これは商品にとっても、(他にそれを欲しがってる)お客さんにとっても、お店にとっても実に不幸なことです。

                   

                   

                  それともう一つ困るのが、取り寄せ後にお電話でキャンセルされる例です

                   

                  そこについては誤解のないように説明いたしますと、当店では「取り寄せ商品のキャンセル」に関しては全く問題に感じておりません。

                   

                  だってクシタニ商品って高いじゃないですか。

                   

                  4万も5万もするジャケットを試着もせずにご成約いただくようなことはとても出来ません。

                   

                  よって、取り寄せ後にご試着頂いて、サイズや色の変更や、商品そのもののキャンセルは全く構いません。

                  そこに関するお気遣いは本当に不要です。

                   

                  ただキャンセルをされるにも、「一度は店頭でご試着頂き、サイズやイメージが違った場合には遠慮なくどうぞ」という状況に限らせてもらいたいというのがお店としての偽らざる心情です。

                   

                   

                  まず前提的なことを書きますと、お取り寄せ商品は、基本的に全て当店での「買い取り」となります。

                   

                  でもまぁそこはいいんですよ。

                  たとえキャンセルになったとしても、他のお客さんに買っていただければいいわけで、言ってみれば「仕入れた商品は自分の責任と才覚で売る」のが僕らの仕事なわけですから。

                   

                  「買い取りなんだから、取り寄せ商品は買ってもらわなければ困る」というロジックをお客さんに求めることは一切いたしません。

                   

                  でもですねぇ・・・

                  取り寄せの場合、大抵他のクシタニショップの店長さんにちょっと無理を言って分けてもらってることがほとんどなんですよ。

                   

                  どこの店も本音で言えば、自分の店の在庫は自分の店のお客さんに買ってもらって売上にしたいというのは間違いないでしょう。

                   

                  しかしそこを「ウチは特に注文もらってないし、そちらで欲しいというお客さんがいるなら分けるよ」というご厚意によって分けてもらってるわけで「どこか他店舗に在庫があれば無条件に引っ張れる」という一般的なチェーン展開とは性質が大きく異なるのです。

                   

                  お店とお客さんとの関係も、「試着してもらって本当に気に入ってもらったら買ってくださればいいですよ」っていう「人間同士の信頼関係」によって成り立たせたいと心がけているのと同様、お店同士の商品の融通のし合いも、「困った時はお互い様」という人と人との協力・信頼関係によって成り立っているのです。

                   

                  なので、取り寄せ商品をキャンセルされる場合も、せめて一度ご来店のうえご試着くださると助かります。

                   

                  そのジャケットが今お店にあるのは、そういう信頼・協力関係の賜物なんだということを、理解まではしないまでも、多少そこに思いを馳せる程度の想像力を持っていただけると大変助かります。

                   

                  それでもやむを得ない事情というのはあるでしょう。

                   

                  商品が届くまでの間に事故にあってしまいしばらくオートバイに乗れないとか、ご病気になることだってあるかもしれません。

                   

                  以前あった例ですが、「奥さんに内緒で注文したのがバレて反対されました・・・」という理由でキャンセルになった事例もありました。

                   

                  これね。

                  立派に「やむを得ない事情」ですよ!!

                   

                  オートバイウエアや、名東店の売上よりも家庭の平和の方が大事に決まってます(笑)

                  (もちろん快諾しました)

                   

                   

                  なので、お電話でキャンセルされる場合は、出来ればその理由をご相談ください(別に言いにくいプライベートなことまで言わなくていいですよww)。

                   

                  中には対応可能なこともあると思います。

                  例えば「怪我が治ってからでもいいですよ」くらいなことは充分可能ですし。

                   

                  「誕生日と結婚記念日には必ず奥さんに花を買って帰りなさい」とかだって言えるわけですよww

                   

                   

                  最近は通販で買い物されることも多いと思いますし、キャンセルを受け付けるのもネットで自動的に行えることから、そこに心理的ハードルは限りなくゼロになってる感はありますが(僕はアマゾンでキャンセルする時にも胸がズキズキ痛むんですけどww)、店頭で直接お付き合いする以上、「他の店舗やネットで入手出来たのでもういらない」というような理由ですと、何がしかの割り切れないシコリは残ると思うんですよ。お互いに。

                   

                  もうそこはウソでもいいので「嫁に反対されました・・・」とでも言ってくれた方が、間違いなく僕はその晩気持ちよく眠れます。

                  もう「夢枕に死んだお袋が出てきて反対された」でもなんでもいいですwwこの際w

                   

                  3〜4年前まで、こういう悩みってあんま無かったんですけどね。

                   

                  そのためにルールを明確化するってのも、あんまり好みじゃないんですよ。

                   

                  そんなわけで、ちょっとだけその辺ご配慮いただけますと大変助かります。

                   

                  今回はそんなお願いの記事でした。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  明日(11日火曜日)営業します!:KUSHITANI名東店

                  0

                    明日11日火曜日、通常第二火曜日はお休みですが、祝日ですので通常営業いたします!

                     

                    その代わり、13日木曜日は振替休日になりますので何卒ご了承ください。

                     

                    2月は少々変則営業になりますが、営業日カレンダーは名東店WEBサイトをご参照くださいませ!


                    フィンジャケットの在庫、早くも少なくなってまいりました!!:KUSHITANI名東店

                    0

                      ここ1〜2日、ブログのアクセス数がやけに増えてるなぁ・・・と、記事別のアクセス数を調べてみますと・・・

                       

                      スクリーンショット 2020-02-09 20.28.14.jpg

                       

                      ええええ???

                      ステアグローブ入荷のお知らせへのアクセス数が突出して多いようです。

                       

                      これ・・・どーいうことなんだろう??

                      ステアグローブって、長くラインナップはされていますが、そんなに「置いておけば売れる!」みたいなアイテムでもないんですけどねぇ・・・

                       

                      割とこういうシンプル&タフネスなグローブを好きな一定層の人たちがボチボチと買ってくださり、おっと・・・気がついたら在庫薄くなってたな・・そろそろ追加発注するか・・・・くらいのペースで充分回るアイテムなんですけどね??

                       

                      特にこの1〜2日間でステアグローブが目立って売れたか?っていうとそうでもないですし・・・・

                       

                      こういうのって本当に謎です。どこかで誰かがこの記事の宣伝でもしてくれてるんでしょうか?

                      そうだとしたらどうもありがとうとしか言いようがありません。

                      お中元でも送らせて頂きます。

                       

                      さて、そんなことを言っております間に、早くも在庫が少なくなってきたジャケットがございます。

                       

                      DSC04998.jpg

                       

                      フィンジャケットが早くもこんな状況になってまいりました。

                      つい先週入荷したばかりだと言うのに。

                       

                      このジャケット、メチャクチャ着心地がいいので、試着した方の高倍率がめちゃくちゃ高いんですよね〜。

                       

                      もちろん今期の再入荷はもうありません。

                       

                      狙っていた方はとにかくお早目に!!!


                      | 1/212PAGES | >>

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      最近の投稿

                      カテゴリー

                      アーカイブス


                      search this site.

                      mobile

                      qrcode